上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昔、勤めていた時に受付の女性スタッフから

ス 「三宅先生、イイこと教えてあげようか」

三 「何ですか?」

ス 「あのね、女に優しくしておいて絶対に損はないからね」

三 「は、はぁ、・・・」
   
  「???」

当時は何のことやら良く分かりませんでしたが、年齢を重ねると
分かるようになってきました(笑)。







私の性格は几帳面とよく言われるし、自分でもそう思います。

昔からわりと几帳面だったということもあります。
ある程度は親の影響でしょう。

でも、師匠の影響も大きい。

私の師匠にも当然ですが、師匠がおられます。
で、そのお師匠さまからウチ師匠は言われたそうです。

「キチンとしなさい」

って。

だから私の師匠はとってもキチンとしておられます。

で、スゴイのは、ずーっと「キチンしている」を継続
していること。

何でも続けるのが難しい。

でも、師匠はキチンとしている。

そんなところがカッコいいといつも思う。

だから私もそこを見習ってキチンとしたいといつも思っています。
なかなか出来ないんですけどね~。

あんまりキチンとし過ぎるのは色んな意味で良くないと
思いますが、ある程度キチンとしているというのは私の
中では良いことだと思っています。

几帳面っていうことを時々揶揄されることもありましたが、
特別気にはならなかった。

自分では

「キチンとしていて損はない」

って思っています。

便宜上、患者さんたちからは「先生」って呼ばれてます。
(三宅さんでもいいですからね)。

いつも思うのは「先生」と呼ばれる以上は、それなりの
行動をしなきゃなということ。

治療だけしているのは治療屋さんです。

私としてはそれ以上を目指したい。

その基礎が「キチンとする」ということだと思う。

「先生と 呼ばれるほどの バカでない」

という名言(?)もありますが、そんな風にならないように
気をつけなきゃなって思います。

技術磨きは当然大事。

でも人間磨きはもっと大事。

だからトイレも床も磨きます!

当たり前のことを当たり前に徹底的にやり続けること。
それがキチンとすることだと思います。

皆さんから「先生」って呼ばれても恥ずかしくないような
人柄に近づけるように努力を重ねたいと思います。

また、お堅い内容になってしまいました。

ちょっと「キチン」とし過ぎましたかね(笑)。
スポンサーサイト
コメント
初めて拝見させていただきました。
こんにちわ!
昨日のセミナー、おつかれさまでした。v-22
私のつたない手技のモデルになって頂き、
ありがとうございました。
この文面の最初の部分を読んだ限りでは
「だから昨日は、懇親会で優しく接してくれたんですかぁ???」
なんてv-14
うそです。勘繰ってません。
・・・そういうことにしておきます(笑)
またお会いできる機会はあると思いますので
何卒宜しくお願いいたします。
2010/03/29(Mon) 13:46 | URL | aka | 【編集
よろしくお願いします。
2010/04/02(Fri) 16:13 | URL | 三宅修平 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。