上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
猫ひろしがカンボジアの代表でオリンピック出場することが決まった。

おめでとう!と言いたい。

正直言って、マラソンの記録としてはすごいわけじゃない。

だけど、年齢が経ってからのあの記録はスゴイ。

これはフルマラソン経験者なら分かると思う。

2時間30分台で走るには相当の努力が必要。

スゴイよなあって思う。

努力もすごいけど、芸人という世界からアスリートという世界へ自分自身を移動させている所がまたすごい。

出来そうで出来ないと思うなあ。

世の中多くの人はやりたいことがあっても出来なかったりするでしょ。

その中には一部だと思うけど、身元を明かさず批判だけする人もいる。

心の貧しい人だ。

今回の猫ひろしの代表の件については賛否がある。

でも、なんで素直におめでとう、とか、頑張ったね、とか言えないのかな?と思う。

国籍を取ったことがどうやら引っかかっているようだけど、サッカーの代表選手もブラジルから日本に帰化してるし、他にもそんな例はある。

海外でも同じようなことはある。

言い出したらきりはないが、日本から外国に帰化して、そこでビジネスを始めて成功した人だっているし、その逆もある。

それと同じように考えることだってできるだろうに。

スポーツだから?

カンボジアだから?

オリンピックだから?

日本人だから?

猫ひろしだから?

今、二極化とか格差ということがよく言われる。

多くの人はこれを金銭の問題だと思っている。

でも本質は違う。

世界が今ドンドン身近になってきている。

だからその分可能性が本当にドンドン広がっている。

それを活かして自分の世界をドンドン広げる人と、広がりすぎた可能性の前で怖気づいて何も身動きが取れなくなる人の二極化ということが本質。

中国の学生で日本の会社に就職を希望しているケースが好例。

まだ二十歳そこそこなのに、

「私を採用していただければ御社には○○というメリットがあります」

ということを流暢な日本語で話す。

日本の大学生のようにみんな同じ格好をして、同じ面接対策をして、

「学生の頃はみんなのまとめ役でした」

ってみんなが言う。

何人まとめ役なんだ?ってなるでしょ。

猫ひろしは可能性を広げた。

ボクシングのしずちゃんも同じ。

昔から変わらないのは、批判だけしている人は何もしていない人という事実。

芸人からアスリートになり、可能性と世界を広げる人。

身元を明かさず他人の批判だけをして自分の狭い世界から出られない人。

これが二極化の本質。

どっちが良くて、どっちが悪いとは言わない。

好きな方に行けばいい。

自由なのだから。

私は可能性を広げ、世界を広げるほうを今まで選んできたし、これからも選ぶけどね。
スポンサーサイト
3月になって暖かくなってきました。

もう春ですね。

でももう3月かと思うと、時間の流れはホントに早い。

先週もテナントを見てきました。

1軒いい所があったので、現在交渉中。

どうなる事やら。

そろそろ長期に渡る物件探しにも春の気配?

今年こそはと期待してます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。