上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
世間一般にいわゆる「常識」といわれることってありますよね。

こんな私でも(?)、やはり常識は大事だって思ってます。

ただ、何を持って常識というかは人それぞれ。

となるとやっぱり常識って何?ってなってしまいますが・・・。

ま、それはそれとして。

私が思うに、

・人から何かをしてもらったら「ありがとう」と言う。
・迷惑をかけたら「ごめんなさい」と言う。

なんてことがまあ常識かと思ってます。

こういう根本的なことは常識としてとらえています。

ですが、それはおかしいんじゃない?って思う事もあります。

例えば、常識という言葉とはちょっと意味が違うかもしれないですが、「普通が良いのよ」という言葉。

この言葉も納得できる部分もあれば、そうでない部分もあります。

そうでない方が私としては多いかな。

フツーが良いのよ、っていう言葉を聞くと(いつもではないけれど)、みんなと同じが良いのよ、って言っているように聞こえます。

私からするとみんなと同じが良いということほど危険なことはないよなって思います。

危険というと大げさですが、簡単な例を挙げると例えばみんなが安いからと言ってユニクロの服を着ていたら変でしょ?

街中ですれ違う人がみんなユニクロ。

ちょっと違和感感じますよね。

実際にみんながユニクロってことはないとしても、友達と会う時なんかに洋服がかぶったらちょっと嫌でしょ。

服ならいやと思うけれど、それ以外のことは思わない。

うーんですよね。

みんながやっているから自分もやる。

それもいいかもしれないけれど、ホントにやる必要があるのか?

っていつも思います。

自分はそれほど勉強しなかったのに子どもには塾に行かせる。

みんなが行っているからという理由で。

悪いとか間違ってるとは言わないが、オカシイよね。

子どもの成長を親が願うのは理解できる。

ただ、世の中でいわゆる活躍している人って親の言いなりにならなかったような人だ。

もっと言うと、フツーが良いのよ~、って思わなかった人であり、自分の道を進んできた人だ。

例を挙げると先日芥川賞を取った田中さん。

常識的に見ると「ちょっと風変わりな人」だ。

だけど、フツーが良いのよなんて言ってたら芥川賞は取れなかったはずだ。

テレビで経歴を紹介していたが、彼はただ自分がやりたいことを追求してきたんだよなと思った。

だから今の彼がある。

芥川賞を取ったことがスゴイとかいうことを言いたいのではない。

やりたいことを見つけてずっとそれに対して努力をしてきたことがスゴイって思う。

自分で考えることを放棄し、他人と同じことで安心感を得る。

悪いとは言わない。

でも変だ。

自分で考えろ。

頭を使え。

知恵を出せ。

失敗を怖がるな。

行動しろ。

時には「フツー」から外れてみろ。

そんなにみんなと同じがいいですか~?

同じでいい時もあれば、違う方がいい時もあるでしょ。

自分で考えて判断しろよ。

スポンサーサイト
先週のことですが大阪だったと思いますが、成人式に参加しようと帰省していた学生が駅員に暴力をふるって逮捕されましたね。

その時にその学生が言った一言が「俺は東大生だぞ!」だったとのこと。

うーん、スゴイですね頭のいい人って。

東大に入れるだけの学力を持ち合わせていない私ナンカはこういう人からするとどんな風に見られるのかな?って思います。

東大に入るってやっぱりかなり大変だとは思うんですよ。

勉強ばっかりしないといけないでしょうから。

勉強して、いい学校入って、いい会社に就職して、安定した(退屈な)人生を!

って思ってたんでしょうね。

で、そうやって育ってきた結果が「逮捕」。

で、俺は東大生だぞ!と叫ぶ。

カッコ悪すぎ。

しっかりしろ!

へんてこなニュースがありましたが、良いニュースもありました。

なでしこジャパンの澤選手がFIFAバロンドールを受賞されましたね。

カッコいいですね~。

澤選手の受賞を聞いた子どもたちのインタビューが出てましたが、子供の方がよっぽど先の東大生よりいいコメントしてました。

例えば、

自分にも自信が持てたとか、ワールドカップ目指したいとか、頑張って澤選手みたいになりたいなどなど。

インタビューを受けていた子どもたちにはぜひ澤選手のように将来活躍してもらいたい。

やっぱりね、ああいうのを見ているといつも思う事があります。

それは、どの分野にもヒーロー、ヒロインが必要ということ。

あの人みたいになりたい、というあこがれがあるから頑張れる。

つまり、明確な目標があるから頑張れるんですよね。

いい学校、いい会社、なんてあいまいな目標だから夢や希望を持てない若者が増える。

目標も無く育てられた結果がやりたいことがない、日本の将来に期待できないという若者。

勉強が悪いとは決して思わない。

日本からは何人もノーベル賞受賞者が出ているように、勉強して社会の役に立つ研究をしている人だっていっぱいいる。

だけど、無目的に勉強したって意味がないのだ。

何のために今勉強が必要なのか?

それを教えるのが親でしょ?

自分の不安の解消のために子どもを塾に行かせちゃいけない。

勉強でもスポーツでも構わない。

親がもっとしっかりと目標となるようなものを見せてあげないと。

いい学校、いい会社って何だよ?っていつも思う。

いい学校、いい会社より、大きな夢、明確な目標。

そっちの方が大事。

スポーツでも勉強でもいい。

大事なことは夢、目標です。

つまらない大人にならないためにね。
明けましておめでとうございます。

今日から仕事始めです。

今年も宜しくお願いします。

三宅鍼灸院
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。