上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今年もあと少しですね~。

改めまして年末年始のお知らせです。

年末は・・・12/29(水)までです。29日は施術します。
      
       12/30(木)~1/3(月)はお休みです。
       (正月は海で~す)

年始は・・・1/4(火)から施術します。

では。

スポンサーサイト
12/25と言えば、クリスマスですね。

子どものころは今日は何かプレゼントをもらえる日だと
思っていました。

ま、子どもにとっては確かにそうなんでしょうね。

今日いつも見ているSNSをチェックしたらある人が
言っていました。

「クリスマスは与える日だよ」

って。

「だから笑顔でもなんでもいいから誰かにあげましょう」

って。

・お父さん、お母さんは子どもたちに
・旦那と奥さんはお互いに
・彼氏彼女もお互いに
・今年一年お世話になって人に
・この際だから知らない人にも

笑顔でいいからあげてしまいましょう~。

今日はクリスマス。

何かを与える日だそうです。

いい日ですね~。
今日はちょっとまじめな内容で~す。

フフフ。

鍼灸院をしていると毎日いろいろな方にお会いします。

で、

当然ですが、人それぞれ色んな悩みをお持ちです。

最近は世の中の傾向として、「うつ」とまではいかなくても、
ちょっと悩みすぎてしまう、落ち込みすぎてしまう、という
方が多いように思います。

まあ成熟した社会なので仕方ない面もあるかと思います。

毎日色んな悩みを聞いていて思うことは、

「みんないい人」

っていうことです。

もうちょっというと、

「いい人すぎる」んですね。

だから深く考えすぎてしまう、悩みすぎてしまう。

なのでいつも言うのは、

「ちょっとわがままくらいでちょうどいい」
「ちょっと欲張りくらいでちょうどいい」

ということ。

ちょっとわがままにふるまったって、ちょっとよくばりになったて
大丈夫です。

それくらいでちょうどいい。

人の顔色ばかりうかがったって疲れるだけです。

ホントの友達なら少々のことは笑って許してくれます。
(僕の友人たちは大笑いしてくれま~す)

悩みすぎる人、考えすぎてしまう人は、

もっと自分の気持ちに素直になってみよう。
もっと自分の気持ちを解放してみよう。
もっと自分の気持ちのままに動いてみよう。

そのほうが自分も楽だし、そのほうが周りも楽なんです。

そう思いません?

ちょうどいい加減ってなかなか難しいかもしれない。

でもね、

そんなに悩まなくったって大丈夫。

そんなに考えなくったって大丈夫。

ホントですよ。

大丈夫、大丈夫。

素直になってみる。

気持ちを解放してあげる。

その時のあなたが一番素敵。

今日はここまで。

では~。

昨日、来年のカレンダーと手帳を買ってきました。

来年はどうしましょうかね~。

やりたいことはいくつか決まっています。

やるべきこともいくつか決まっています。

問題は、

それをどうやって達成していくか???

うーん。

来年は1週間くらい休んで旅行でも行ってこようかとも
思ってます。

仕事も好きですが、遊ばないとね~。

というわけで、

遊びの予定を先に手帳に書き入れ、その後仕事の予定を
書き入れることにしました。

書いたことは実現しますね。

ホントに思う。

今年も書いたことはほとんど実現しました。

来年もきっといい年。

フフフ。

では~。
今年もあと2週間ほどですね~。

年末年始のお知らせをしておきますね。

年末は・・・12/29(水)までです。29日は施術します。
      
       12/30(木)~1/3(月)はお休みです。
       (正月は海で~す)

年始は・・・1/4(火)から施術します。

よろしくお願いします。

では~。
先日、今年を表す漢字が発表されましたね。

今年は「暑」でした。

なんともまあ夏好きの私にはぴったりの気持ちいい
漢字でした。

確かにまあ暑かったですよね~。

まあまあそれはさておき、

皆さんは今年1年を振り返って、今年1年を感じ1文字で
表すならどういう感じになるでしょうか?

ちなみに私は・・・

「剥」

です。

「剥ける」という字ですね。

今年は例年以上にいろんなことにチャレンジしました。

で、その結果、

いろんな体験をし、いろんな人に会い、いろんなことを感じた
わけです。

で、自分自身を振り返ると

「一皮剥けたよな~」

って思うわけです。

特に今年はいろいろなことを「感じ」ました。

新しいことを始め、新しい人に会い、新しいことを知る。

その結果、いろんなことを「感じ」たんです。
(くだらないオヤジギャグのつもりではありませんので)

私たちの職業は感性を求められる仕事です。

技術だけじゃないんですね。

そういう意味ではとっても良かったなあって思ってます。

来年はどんな1年になるか?

もうだいたい決めてますが・・・。

楽しみですね。

今年の漢字、皆さんは何ですか?

そして、

来年はどんな年にしますか?

こういうことを考えるのが楽しいですね。

では~。
今日は休診日です。

ということは・・・

海に行って、ウインドサーフィンしてきました。

夕方に帰ってきてから、

プールに行って泳いできました。来年のトライアスロンのためね。

夜帰ってきてから、

10キロ走ってきました。

走り終わってから、

シャワーを浴びて、

で、

晩御飯。

いや~、良く運動しました。

いいですね、スポーツって。
先週の土曜日はいつもと違う土曜日でした。

まさに、もう一つの土曜日って感じでした。

何をしていたかというと、鍼灸院を休みにして、クリスマス
チャリティの企画に参加していました。

Image052.jpg

児童養護施設の子どもたちをディズニーランドに招待するという
チャリティ企画です。

朝8時前に集合場所に到着し、子どもたちを待っていました。

どんな子たちかな~?って緊張とまではいかなかったですが、
少々「上手く遊べるかな?」という気持ちがありました。

しばらくして子どもたちが到着し、指定のグループに分かれ、
さっそく入園。

私のグループの子は3名で、中1、中3、高3の全員男の子。

最初は子どもたちは照れくさそうにしてましたが、グループの
大人たちが順番にいろいろと話しかけることによりすぐに
打ち解けました。

ホッと一安心。

アトラクションに並び、いろいろと話をしたり、聞いたりしていて
思ったことは・・・

「どこにでもいるフツーの子たちだよな」

っていうこと。

ただ1点、ご両親と一緒ではない、ということを除いては。

私のグループの子たちはみなある程度大きくなった子達でしたが、
中にはホントに小さな4歳か5歳くらいの子もたくさんいました。

そういう子たちを見ていて、

どこにでもいるフツーのいい子たちなのに、何が彼らを両親と一緒に
暮らせない、という状況に分けてしまったのだろう・・・

って思ったり、

大きい子はまだしも、小さい子たちは、いつ、誰に甘えるんだろう?
って思うとホントに胸が引き裂かれるような思いがしました。

みんな元気でニコニコしてる。

いい子たちだよな~、って思いながら一緒に遊んでました。

照れくさそうにしながらも、ちゃんと敬語も使えるし、一緒に
いた先生の言うこともよく聞いていたし、ホントにいい子たちでした。

夕方になり、たくさん歩いたせいか、少々お疲れの様子の子どもたち
でしたが、楽しんでもらえたようでよかったなあって思います。

最後はお土産もたくさん買っていました。

彼らはおそらく私たちのことをだんだん忘れていくんだと
思います。

でも、一緒にディズニーランドに行ったという経験は忘れないと
思います。

今彼らは(私が勝手に思っているだけかもしれませんが)少々
つらい思いをしているかもしれない。

でも、いつも思いますが、人生はバランス。

つらいことの後には楽しいことが待っている。

今日の日のことが彼らにとって楽しい経験の1ページに
なってくれればなあって思います。

いい経験をしました。

また来年も参加したいと思います。

Image0571 (3)



tree.jpg


結婚する相手は私にとってはたった一人のヒロインなんだと
思っています。

結婚する相手には私はあくまでも「旦那」で、ヒーローは
別にいるんだろと思います(アイドルとか、俳優とか・・・)。

苦笑。




最近、第3次(くらい?)「早く結婚しろよ」ブームらしく(私の周囲がね)、
結婚、婚活、子ども、家族、奥さん・・・

なんていうキーワードが私の耳に届けられます~。

でも、こうもひとり暮らしが長いと

分かっちゃいるけど、やめられない~。

というのもまた事実。

でも、早くしなきゃな~、って思うのも事実。

それと、

子どもは育ててみたい、って思います。

週末、仕事を休んでディズニーランドへ児童施設の子どもたちと
一緒に行きます。

上手く一緒に遊べるかな?ってちょっと思っていますが、
まあ大丈夫だろうって思っています。

今回参加するにあたって、1つだけ決めていることがあります。

それは、

子どもたちに「大人ってかっこいい!」って思ってもらうことです。

児童養護施設の子どもたちというのは私も知らなかったのですが、
虐待を受けたり、その他の理由で親の援助を受けられずにいる
状態の子どもたちが施設に入るそうです。

そういう子どもたちですから、当然、大人に対していろんな
思いがあるんだろなあって思うわけです。

虐待じゃないにしても、また、施設に入っていない子供にしても
「大人になりたくない」って思う子どもが多いそうです。

これはあるメールマガジンで読んだことなのですが、

昔は「早く大人になりたい」って子どもは思っていた。

でも、

今は「大人になんかなりたくない」って思う子どもが多いそうです。

毎日の生活に追われ、疲れ切ってくたびれてしまっている。

夢を忘れ、口を開けばお小言ばかり・・・。

大人の事情にだけは詳しくなってしまい、その結果として
子どもに対しても

いつまでも夢なんか追いかけてないで・・・

とか、

現実をもっと見つめなさい・・・

とか、

自分のことを棚に上げて

努力したって駄目なこともあるのよ・・・

なんてことを言ってしまっていないでしょうか?

そんなことを聞かされたり、

口先だけで実行の伴わない政治家みたいな大人になって
しまっていないでしょうか?

そんな大人ばかりを見ていたら、そりゃあ子どもだって
大人になんかなりたくない~、って思いますよ。

なので、それだけは絶対に嫌だと思っています。

大人になるって楽しいんだ、夢を持ち続けている大人もいるんだ、
ってことを見てもらいたいなって思っています。

私はまだ独身で、子どももいません。

でも、結婚して、自分の子どもができたら早く大人になりたいって
思ってもらいたい。

今、子どもさんがおられる方はどうでしょうか?

偉そうなことを言える立場ではないですが、ちょっと振り返って
考えてみてほしい。

ご自身の子どもさんが、お父さん、お母さんを見て

早くお父さん、お母さんみたいな大人になりたいって思って
いるでしょうか?

目先のことにとらわれて、大事なことを忘れてしまっていませんか?

自分が子供のころできなかったことを、自分の子どもを通して
実現しようとしてしまっていませんか?

子どもたちにとってお父さん、お母さんである皆さんが
ヒーロー、ヒロイン、になっているでしょうか?

お父さん、お母さんだって人間です。

何でもできるわけじゃあない。

でも、やっている姿、チャレンジしようとしている姿、を見せる
ことはデキル。

それがホントのヒーロー、ヒロインじゃないかな?って思う。

時には弱音を吐くこともあるかもしれない。

でも、

その状態で子どもと向き合うことも必要でしょう。

そんな姿を見せることも子どもにとっては勉強です。

ただし、

愚痴や、文句、皮肉・・・

そんなことばかりを言っている大人には子どもはあこがれないと思う。

完全な大人はいない。

だから完全じゃなくてもいい。

でも、

子どもにとってホントのヒーロー、ヒロインになれていますか?

ちょっとだけでいい、

今よりほんのちょっとでいい。

カッコつけてみよう!

どうですか?

子どもたちからあこがれられるお父さん、お母さんになって
みませんか?

では~。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。