上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「病気好きですか?」

と聞かれたら誰でも

「好きなわけないよ!」

と答えるでしょう。

でも、世の中にはそうでない人もいます。
本当です。

どう考えても病気を自分で作っているとしか
思えない人はいます。

どう考えてもこの人は病気大好きだよな~としか
思えない人がいます。

そんな人は何をやっても良くなりません。

忘れましょう。病気のことは。

ホントにそんな人いるの?と思われるかもしれませんので
簡単な例を。

私がどんなに説明したっていつまでも、そして何度も

「神経が圧迫されているから」

と言う人がいます。

神経圧迫がそんなに好きなの?と思ってしまいます。

神経圧迫なんてないのです。

神経が圧迫されていなくても痛み、しびれ、麻痺感、
脱力感、温度感覚が鈍くなる、などは起こるのです。

神経が本当に圧迫されていたら足の裏はどうなるのでしょう?
常日頃全体重が乗っているのに麻痺しません。

何でですか?

神経圧迫なんてないのです。

それなのに神経圧迫と言い続ける人は、神経圧迫されて
いないと納得できないようです。

だから病気大好きな人なんだなあと感じてしまいますし、
そう感じざるを得ないのです。

昔から「病は気から」と言いますが、これは本当だと思います。

一日中「神経圧迫」のことを考えて、何かあったら「神経圧迫
されているから・・・」と口に出していればそりゃあ病気にも
なりますよ。

神経圧迫なんてないのです。

自分で病気を作ってはいけません。

病気のことは忘れましょう。

病気のことばかりを口にしては体がかわいそうです。

神経圧迫なんて忘れましょう。

筋肉が原因で痛みもしびれも麻痺感も出るのです。

嘘のようですが、ホントの話です。

矛盾だらけの神経圧迫と、理にかなった筋肉原因説。

どっちを信じますか?

そろそろ病気のことは忘れましょう。



腰椎椎間板ヘルニアの対策と鍼灸治療はこちら
スポンサーサイト
今やってみたいことは何ですか?

と聞かれたら、

間違いなく、

「料理教室に行きたい」

と答えるでしょう。

それくらい行きたいのですが、どうも
指を怪我してしまいそうで怖い。

指は私の商売道具。

これだけは傷つけられない。

うーん。

大事に大事にしてるので、時々患者さんから

「先生の指ってきれいな指ですね~」

と冗談交じりに言われます。

すかさず

「鍼より重い物を持ったことがないものですから・・・」

といつも切り返してますが。

まあようするにそれくらい大事にしてるのです。

でも料理位出来ないととも思う。

リンゴの皮ぐらいは剥けますが、魚なんかを
3枚に、と言われるとちょっと心配。

出来そうですが、けがが怖い。

うーん。

どうしよう・・・

といつも思ってしまい、結局行かずじまい。

という言い訳をいつもしています。


今週はずっといい天気でしたが、今日は久々の雨。

まあ仕方ないですね。

今日で1週間終了。早いなあ。
週末なので今日は一杯飲む予定。

で、平日はなかなか食べられない餃子も
食べる予定。

明日は朝から勉強会。

最終チェックをして、明日は別の意味の
先生になってきます。



腰椎椎間板ヘルニアの対策と鍼灸治療はこちら
いつもご来院して下さる皆様、ありがとうございます。

日々の研鑽を通じて可能な限り最良の施術を
させて頂きたいといつも思っております。

施術に関してはこれからも努力を重ねてまいりますが、
お願いしたいことがあります。

ご予約・キャンセルのお電話は時間内に直接私が
電話に出た時にお願いします。

留守番電話にメッセージを残す方が時々おられますが、
大変混乱します。

休診日や時間外にメッセージを残して頂いても大変
混乱します。

「○曜日の△時ごろにお願いしたいので電話下さい」

とか

「×日に予約したのですが、都合が悪くなりました
 キャンセルします」

など。

大変困ります。

当方から電話をするサービスは原則として行って
おりません。

また、留守番電話での予約やメールでの予約も
一切お受けしておりません。

混乱を避けるために行っておりませんので、どうぞ
ご理解下さいませ。

これまでも何度かお願いしてまいりましたが、
同様に留守番電話のメッセージを残す方が
おられますので、対策として・・・

・留守番電話にはならないように電話を設定

させて頂きました。

それくらい・・・

と思われるかもしれませんが、混乱を避けるための
対策ですので、どうぞご理解下さい。

以上。
腰椎椎間板ヘルニアの対策と鍼灸治療はこちら
今日で連休終了ですね。

皆さんどのように過ごされましたか?
私は少々仕事、少々のんびり、少々バタバタ。
でした。

早いもので今年ももう3ヶ月ありません。
気分と頭の中はもう来年のことを考えています。

今年も色々ありました。

いいこともありましたが、いやなこともありました。

今年一番いやだったことは、学生で初めての
無断キャンセルが出たこと。

母親と一緒に来た剣道が強いらしい学生でしたが、
予約をいれて、結局来院せず。

剣道が強ければ何をしてもいいのかな?

と思いました。

無断キャンセルされる私にも落ち度があったのでしょうが、
おそらくこの学生のことは忘れないでしょう。

それだけ腹立たしく、悔しかったのです。

この子の親も一体何をかんがえているのだろか?
と思いました。

剣道が強い、試合で勝ってチヤホヤされる、それで
満足か?

キャンセルの電話一本出来ない子が将来どんな
子になるのか楽しみです。

馬鹿親に馬鹿学生。

勘弁して欲しい。

今年の無断キャンセルは今のところ2件。

ウチはまだ少ない方だと思う。

しかしまあ、何を考えているのか?
と思います。

ついつい愚痴ってしまいました。すみません。

楽しいこともいっぱいありました。

まだまだこれからもあるでしょう。

来年のこと、来年の課題、来年の目標・・・

そろそろまとめようと思っています。



腰椎椎間板ヘルニアの対策と鍼灸治療はこちら
こんにちは、三宅です。

明日はおそらくまだ大丈夫だと思いますが、
台風が接近しています。

明日、10/7(水)にご予約を頂いている皆様、
明日のご予約時間にもし台風の影響でご来院が
困難な場合は無理なさらないで下さいね。

お電話だけ頂ければ構いませんから・・・

よろしくお願いします。

三宅




腰椎椎間板ヘルニアの対策と鍼灸治療はこちら
ヘルニアの方に多くご来院頂いてます。

皆さん「神経圧迫されてるって言われました・・・」
と仰られます。

で、私の説明。

結構皆さん「へぇ~!!」と驚きながら聞いて下さいます。

そう、神経圧迫なんてないのです。
(一部を除いてね)。

神経が圧迫されているならなぜ24時間365日痛くないのか?
圧迫されているなら四六時中痛くてもいいはずだ。

でも、痛い時、痛くない時があるのはおかしい。

右を向いて痛くても左を向いたら痛くない、という頚椎ヘルニアの
方がおられます。

神経が圧迫されているならどっちを向いても痛いはず。でも
そうでない人がいるのはおかしい。

神経が圧迫されているのが痛みの原因なら、なぜ右に飛び出して
いるのに左が痛い、という人がいるのか?

おかしい。

神経が圧迫されているなら、お風呂上がりは少し楽、という
状態になるのはおかしい。

神経圧迫説は矛盾だらけなのです。

一部は確かに神経圧迫かもしれません。

しかし、そうでない場合がほとんどなのです。

ヘルニアなんて怖くありません。

大丈夫。

神経圧迫なんてありません。

大丈夫。

矛盾だらけの神経圧迫説と、理にかなったトリガーポイント理論。

どちらが正しい?







腰椎椎間板ヘルニアの対策と鍼灸治療はこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。