上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
肩こりというのは結構やっかいな症状です。

なぜかというと、治療しないといけない部分が多いからです。
単にいわゆる肩の部分に鍼を打てばいいというものでは
ありません。

後頭部、首、肩、背中、肩甲骨の内側、などなど。
たくさんあります。

マッサージしてもらってもすぐにもどってしまうんです・・・

という方、それは治療部位を外しているからです。

しかし、マッサージ好きな方はウチの治療には合わないので
ご遠慮願います。

特にグイグイもんでもらわないとやってもらった気がしないという
男性はご遠慮ください。

ただ、根本的な肩こりの治療をご希望の方はお待ちしております。

繰り返しますが、マッサージ好きの方、ご遠慮ください。
当院は鍼灸専門院です。

では。



肩こり・頚腕症候群の対策と鍼灸


名古屋市 西区 三宅鍼灸院のホームページ
スポンサーサイト
頚椎椎間板ヘルニアは30代くらいの男性に多いと
されています。

これは一般的な統計なので、もちろんその年代以外の
方でヘルニアになる方もおられます。

ちなみに私は20代でなりました。

頚椎のヘルニアで嫌なのは痛みはもちろんですが、
痺れが伴うともっと嫌です。

私の場合は痺れがとにかくひどかった。

頚椎ヘルニアの治療では、どの筋肉が痛みやしびれの原因と
なっているかを突き止めることが大切です。

基本的には首、肩周囲が多いですが、手先の痺れは胸の
筋肉が関係している場合もあります。

この場合は胸の筋肉に対して治療を行います。

首、肩、背中、胸。

大体このあたりが治療対象部位になります。

頚椎ヘルニアの方、頑張りましょう!!!



頚椎椎間板ヘルニアの対策と鍼灸治療


名古屋市 西区 三宅鍼灸院のホームページ
今日は偏頭痛の患者さんの治療。

何度か治療をして随分治まっていたのですが、
どうもスッキリしない。

で、原因となる筋肉をあれこれと探して見つかったのが、
首にある筋肉でした。

正確には後頭部から首の横を斜めに走る筋肉です。

ここが原因でした。

で、鍼治療。

この治療の結果を受けて、再度治療に臨みます。

頑張りましょうね。



偏頭痛の対策と鍼灸治療


名古屋市 西区 三宅鍼灸院のホームページ
頭痛がひどくなると・・・

・当然ですが、強い頭痛
・吐き気
・目の奥が痛い
・食欲不振
・何もしたくなくなる

などなどが見られますね。

現在頭痛で治療中の方の多くは薬を服用中。
神経内科などでもらった薬ですね。

これはこれで構わないと思いますが、大事なことは
根本の治療をキチンとすることではないでしょうか?

患者さんの多くは薬を飲みたくないと仰ってます。
でも飲まずにはいられない位痛いから飲む。

というサイクルを繰り返している。

なので、私としては鍼で何とかしてあげたいと思うわけです。

ひどい頭痛でお困りの方、お気軽にご相談頂ければと
思います。

根本治療を目指しませんか?



頭痛の対策と鍼灸治療はこちら


名古屋市 西区 三宅鍼灸院のホームページ
予定のない日曜日でした。

なので、のんびりしてました。

DVDを見て、本屋に行って、ゴロゴロして・・・

こういう休日は贅沢です。

いい休日を過ごさせてもらいました。

明日からまた治療です。

皆様ご予約お待ちしております。



名古屋市 西区 三宅鍼灸院のホームページ
膝蓋靭帯という靭帯があります。
お皿の下にある靭帯のことですね。

この部分が痛くなる方が結構多いです。

ジャンプ系のスポーツ、サッカー、ランニングなどなどを
している方に見られます。

治療は、この靭帯に直接鍼を刺すことが多いですが、
それ以外には膝周囲、膝裏などが主です。

後は場合によっては超音波という器具を使う場合も
あります。

このような感じで治療を進めていきます。

膝蓋靭帯炎でお悩みの方、がんばりましょうね。



膝蓋靭帯炎・ジャンパー膝の対策と鍼灸治療はこちら


膝痛についてさらに詳しくはこちら
膝の内側に痛みがは病院ではおそらく鵞足炎と言われることが
多いかと思います。

膝の内側には3本の腱があり、それが鵞鳥の足みたいになって
いることからこう呼ばれています。

膝の内側の痛みなので、当然この部分が痛むこともありますが、
原因は他の部分の場合もあります。

膝を曲げて痛い場合は、この鵞足を形成する筋肉や腱のどれかが
原因のこともありますが、その他にも水がたまっている場合や、
膝の裏にある他の筋肉や腱、またはふくらはぎの筋肉が原因の
こともあります。

大事なことは、いつも検査で聞くことですが・・・

「どんな格好をすると痛いですか?」

ということです。

膝を曲げて痛いのか、足が地面に着いた瞬間が痛いのか、膝を
伸ばす途中で痛みが出るのか?

などなど膝の動きも色々です。

動きから原因となる筋肉を特定して、それから針で治療します。
こうすると効率良く治療できます。

痛い部分が悪いところ、と考えてその部分だけを治療していると
変化が少ない場合もあります。

大事なことは、原因を正しく突き止めることです。
そして治療をすることですね。





鵞足炎(膝の内側の痛み)の対策と鍼灸治療はこちら


膝痛についてさらに詳しくはこちら
今日は休診日ですが、朝から作業。

ホームページをまたいじってます。

今まで嫌になるくらい何回も修正しましたが、
この修正、改善の作業には終わりはないようです。

どうすればもっと便利になるかな?と考えてました。

ホームページを最初に作ったときの気持ちは・・・

「ホームページを見ればすべて疑問が解決できる」

ものを作ろうという気持ちでした。

今もその気持ちは変わりません。どうすればもっと
良くなるか?

どうすればもっと便利になるか?

考えるのは大変ですが、考えるのは楽しい作業でも
あります。

まだまだ改善の道は続きます。

では。



名古屋市 西区 三宅鍼灸院のホームページ
さて、明日は木曜日なので休診日です。

木曜日は、休みなのですが、実は仕事をしている日より
忙しいことのほうが多いです。

明日も朝からゴチャゴチャといろいろあります。
ちなみに今日の夜も仕事です。

完全にワーカホリックです。

毎日暑いですが、皆さんがんばりましょうね。


名古屋市 西区 三宅鍼灸院のホームページ
皆様、連休いかがお過ごしでしたでしょうか?

今日は連休明けということもあり、朝からよく電話が
なりました。

せっかくお電話いただいたにも関わらず、お断りを
してしまい、すみません。

今日はすでにご予約いただいていた方が多かったので
無理でした。ご理解くださいね。

連休中に多くのことを学び、いい体験をしてきました。

この経験を還元できるように治療活動に励みたいと
思います。



名古屋市 西区 三宅鍼灸院のホームページ
東京から帰ってきました。

睡眠時間40分くらいのハードな研修でした。

明日に備えてもう寝ます。

楽しい2日間でした。




名古屋市 西区 三宅鍼灸院のホームページ
今日から東京で2日間研修です。

月曜日の夜に帰ってきます。

暑いので、体調など崩されませんように。

では、火曜日にお会いしましょう!


名古屋市 西区 三宅鍼灸院のホームページ
明日から当院は連休になります。

日、月と東京で研修に参加しておりますので、
メールを頂いた場合、返信は火曜日以降に
なりますこと、ご了承下さい。

毎日暑いですね~。

皆さんも連休を楽しんでくださいね。

では。



名古屋市 西区 三宅鍼灸院のホームページ
ご予約について。

月、金、土はすぐに予約が埋まります。

先日も書きましたが、一番とりやすいのは
火曜日です。その次が水曜日。

午前が比較的とりやすいです。

当日予約でも構わないのですが、あまり
ご希望に沿うことが出来ません。

ご希望の日にちがお決まりの場合は
お早めにご予約いただけると助かります。

よろしくお願いします。



名古屋市 西区 三宅鍼灸院のホームページ
メールをよくいただきます。

今回は、「回数券の値段教えて下さい」でした。

申し訳ありませんが、HPには通常の施術料金しか
表記しておりません。

既存の患者さんにはお答えしておりますが、
ご来院されていない患者さんにはメールで
この質問にはお答え致しかねます。

ご来院していただき、治療を受けていただき、購入を
ご希望であればお答えいたします。

売り込みはしたくありませんので、よろしくお願いします。


名古屋市 西区 三宅鍼灸院のホームページ
毎日暑いですね。

私は夏の方が元気です。暑いのは結構平気です。
寒いのは苦手ですが・・・

今年の夏は色々と個人的なイベントがあります。

大きな研修に、セミナー、などなど。

毎日やることだらけですが、楽しいもんです。

今日も治療です。



名古屋市 西区 三宅鍼灸院のホームページ
鍼灸師に残業なんてあるの?と思われるかもしれませんが、
あります。

たっぷりと。

ここの所毎晩残業です。

数ヶ月ずーっと残業してます。

たまには早く・・・とも思いますが、そうはいかない。

終わったーと思ったら、また次の仕事がなぜだか
出てきます。

仕事がないよりいいと思っています。

忙しいことに感謝ですね。


名古屋市 西区 三宅鍼灸院のホームページ
暑いですね。

夏は大好きです。暑いから熱くなります。

今週も慌しく始まりました。

時間が合わなくて予約をお断りする方がおられるのですが、
オススメは火曜日です。

火曜日はウチの鍼灸院は1週間のうちで一番予約がとりやすい
曜日です。

火曜日オススメです。

ご予約お待ちしております。



名古屋市 西区 三宅鍼灸院のホームページ
今日は休診日。

ここの所、日曜日も治療は休みでも他の仕事を
ずーっとしていたので今日はホントに休みでした。

仕事を少々やろうと思っていましたが、何も
しませんでした。

久しぶりに何もしない休日・・・

贅沢な時間でした。

今からちょっとだけ仕事します。




名古屋市 西区 三宅鍼灸院のホームページ
そろそろ患者さんから「お盆休みはいつですか?」と
聞かれるようになりました。

当院のお盆休みは・・・

8月13日(水)、14日(木)、15日(金)の3日間となって
おります。

連休前は混み合いますので、早めのご予約をオススメ
します。

ご予約は、お電話でも、治療終了後でも構いません。

よろしくお願いします。



名古屋市 西区 三宅鍼灸院のホームページ
理屈っぽい私ですが、結構「勘」が働くことがあります。

なので、今月はやや自重してます。

なので、今日はここまで。

おやすみなさい。


名古屋市 西区 三宅鍼灸院のホームページ
今年の春から木曜日はお休みを頂いております。

そのため、木曜日のご予約はお受けしておりません。

転送にはしてありますが、出られる時と、出られない時が
あります。

留守番電話にメッセージを残して予約を入れていく方が
時々おられますが、そのような形でのご予約はお受けして
おりませんのでご了承下さい。

木・日・祝は休診ですので、ご了承くださいませ。

よろしくお願いします。


名古屋市 西区 三宅鍼灸院のホームページ
最近ずーっと臨床例について書いてきたので、
たまには鍼が不適応な場合について。

私の意見ですが、鍼は魔法の薬ではありません。
なので、劇的な効果をご期待の方には合わないと
思います。

また、極度に鍼に対して不信感の強い方や、頻繁に
強度のマッサージでグイグイやってもらっている方も
合わないと思います。

また、「ホームページを見てるんですが料金いくらですか?」
というお電話や、意味不明のメールには対応に困ってしまいます。

ホームページには出来る限りのことを書かせて頂いております。
多くの鍼灸院のホームページには「痛くない、無痛」などが
書かれていますが、ウチのHPには「痛いと感じる方もおられます」
と書いています。

患者さんから頂いた感想にも「チクンとしたけど大丈夫だった」という
事も書かせて頂いております。

オススメの面も書いていますが、マイナス面も書いています。

全部を見てくださいとはもちろん言いませんが、基本的なことは
HPでご確認いただければと思います。

すべての人にウチの鍼が合うわけではありません。

8割程度の方が続けて治療を受けて下さっていますが、残念ながら
鍼の施術、もしくは私自身と合わない方もおられます。

鍼に対して過度の期待をされている方や、逆に過度に不信感の
強い方はご遠慮願います。

お願いします。

名古屋市 西区 三宅鍼灸院のホームページ
坐骨神経痛というのはとにかく痛いですね。

ビリビリと足もしびれます。

ヘルニアの際にも見られます。

大事なことは臀部をキチンと治療することです。
臀部の治療さえちゃんとやればほぼOKです。

治りが悪い場合は股関節前面やしびれがある
足の部分に対して治療を行います。

これでOK!


坐骨神経痛の対策と鍼灸治療はこちら

坐骨神経痛についてもっと詳しくはこちら
膝の内側の痛みは鵞足炎と呼ばれることがあります。

原因は、膝の内側にある腱の付着部が炎症を起こして
いるというもの。

膝の内側が痛い=鵞足炎

という図式には賛成しかねます。

今日の午前中の患者さん。膝の内側が痛いとの訴え。
痛いところはちょうど鵞足部分。

しかし、しかし、原因は別の筋肉にありました。

大事なことは・・・

「どんな時に痛いのか?」

これです。

原因筋の特定とそれに対しての鍼治療。

これです。

以上。


鵞足炎(膝の内側の痛み)の対策と鍼灸治療はこちら


膝痛についてさらに詳しくはこちら
膝の痛みで結構多いのがこの膝の裏の痛みです。

正座をしたり、膝を曲げ伸ばしする時に痛みが出る症状です。
いや~な痛みがします。

膝を曲げて痛い場合は大半は膝の裏側の腱、太ももの裏側の
筋肉、ふくらはぎの筋肉が骨に付着する所なんかが原因です。

原因筋を特定してあとは鍼で治療していきます。

症状によっては器具を使うこともあります。

頑張りましょうね。


膝窩部痛(膝の裏側の痛み)の対策と鍼灸治療はこちら


膝痛についてさらに詳しくはこちら
腸脛靭帯炎で一番多いのはランナーです。

陸上の長距離選手ですね。

膝の外側の長い靭帯のことを腸脛靭帯といいますが、
これが原因と言われています。

しかし、実際には腸脛靭帯だけではなく、膝の裏の腱、
腸脛靭帯の裏側の筋肉、そのほかの筋肉、腱、靭帯
などなどが原因のことも多くあります。

痛いところが悪い所、とは限りません。

悪い所を探し出して、鍼で治療。

こんな感じです。




腸脛靭帯炎の対策と鍼灸治療はこちら


膝痛についてさらに詳しくはこちら
膝の痛みで比較的多いのがこの膝蓋靭帯炎です。

お皿の下にある靭帯が痛くなる症状のことを膝蓋靭帯炎と
言います。

多いのはスポーツをしている人で、特にランナーや
ジャンプ系の競技をしている方。

陸上、バレー、バスケ、などなど。

治療は、どの動作時に痛みが出るか?という点から
判断します。

お皿の辺りに痛みがあっても、原因は膝の裏にあったり
することもあります。

なので、チェック。

で、治療。

大体このような感じです。


膝蓋靭帯炎・ジャンパー膝の対策と鍼灸治療はこちら


膝痛についてさらに詳しくはこちら
ヘルニアと言われました。

という患者さんからのご相談をよく受けます。

治療可能な範囲の場合は鍼で治療をしますし、
これはちょっと・・・と思う場合は病院等を紹介
しています。

でも多くの場合は鍼で何とかなっています。

あれこれ色々と皆さん試されることと思います。
選択肢の一つに鍼も入れてみてはいかがでしょうか?



腰椎椎間板ヘルニアの対策と鍼灸治療はこちら


腰痛全般に関してはこちらをどうぞ
ウチの鍼灸院で腰痛の方が一番多いように思います。

腰痛と一言でいっても色んなタイプがあります。

中心部が痛い方、左右のどちらかが痛い方、
臀部まで痛い方・・・

とにかく色々。

患者さんも色んな患者さんがご来院されますが、
適応、不適応があります。

マッサージが好きで、グイグイと強い力で長時間
もんでもらわないとスッキリしないという方は残念
ながらウチの鍼治療には合わないと思います。

鍼治療はマッサージのように「やってもらった~」と
いう感覚はありません。

ですから強い力で長時間グイグイやってもらわないと
効かないという方、さらにそれでもすぐに戻ってしまう
という方は合わないと思います。

上記に該当しない方で腰痛でお困りの方はキチンと
治療させて頂きます。

慢性腰痛・ギックリ腰の対策と鍼灸治療はこちら

腰痛についてさらに詳しくはこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。