上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アキレス腱が痛いというのはスポーツ選手に多いですね。

スポーツ障害としては比較的多い方かな。

ランナーに多いように思いますが、ランナーだけではなく、
他のスポーツをしている選手にも見られます。

治療のメインはふくらはぎですね。

鍼に加えてアキレス腱は治療器具で治療をします。

スポーツ障害でお困りの方、頑張りましょうね。


アキレス腱炎の対策と鍼灸治療

名古屋市 西区 三宅鍼灸院のホームページ
スポンサーサイト
肉離れはスポーツ障害でよくある怪我ですね。

なのでアスリートが圧倒的に多いです。

場所としては太ももの裏側が圧倒的に多いでしょうか。

治療は直接患部に対しては行いません。その代わり
患部の周囲に対して行います。

まずは全体的な痛みを抑えて、その後患部の治療。
出来る限り治療しながら練習をしてもらいます。

程度によっては休まないといけない場合もありますが、
基本は治療と練習を並行して進めます。

頑張れアスリート!怪我なんかに負けちゃいけない。


肉離れの対策と鍼灸治療はこちら


名古屋市 西区 三宅鍼灸院のホームページ
シンスプリントというのは足の脛の内側辺りに強い痛みを
感じる症状のことです。

多いのは陸上選手かな。

治療は、ふくらはぎが中心になります。

ふくらはぎからの治療で効果がない場合は
脛側から針で治療をします。

治療に加えてあとはセルフケアが大切です。

頑張れアスリート!


シンスプリントの対策と鍼灸治療はこちら

名古屋市 西区 三宅鍼灸院のホームページ
坐骨神経痛はとにかく痛い。

まあ、世の中いろんな情報が溢れているので混乱するかも
しれませんが、とにかく治療は臀部です。

これで決まりです。

ヘルニアで、坐骨神経痛の症状が出ている場合でも鍼灸の
適応の場合は臀部がメインです。

まあとにかくお困りの方、臀部です。

負けちゃいけない!頑張りましょう!!!

坐骨神経痛の対策と鍼灸治療はこちら


坐骨神経痛の対策と鍼灸治療についてもっと詳しくはこちら
鵞足炎という症状があります。

膝の内側に痛みを感じる時に付けられることが多い
症状名ですね。

膝の内側が痛いからといって膝の内側ばかり治療していては
改善しにくいと思っています。

大事なことは、原因筋はどこか?です。

膝の内側が痛くても、原因は他にある場合だってあります。

膝痛の方、頑張りましょうね。


鵞足炎(膝の内側の痛み)の対策と鍼灸治療はこちら

膝の裏側の痛みについて詳しくはこちら
変形性膝関節症というのは、膝の骨が変形してそれに
伴い痛みが出ているという症状です。

しかし、これもまたいつも言うことですが、変形している
からといってあきらめてはいけませんということです。

年齢とともに変形は見られます。

しかし、変形している人すべてが膝が痛いというわけ
ではないですね。

ということは、変形があるから痛いというのはオカシイ
ということになります。

あきらめずに頑張りましょうね。


変形性膝関節症の対策と鍼灸治療はこちら

膝の裏側の痛みについて詳しくはこちら
今日は膝の裏側の痛みについて。

意外と多いのがこの膝の裏側の痛みです。

膝を曲げた時に痛い、正座をすると膝の裏が痛い、歩くときに痛い。
などなど。

膝を曲げた時に痛みがあるようならば太ももの裏側の筋肉、または
ふくらはぎの筋肉が太ももの骨に付着する部分が原因かな。

原因筋さえ特定できたら、後は針で治療するだけです。

膝の裏側の痛みでお悩みの方、頑張りましょうね。


膝窩部痛(膝の裏側の痛み)の対策と鍼灸治療はこちら

膝の裏側の痛みについて詳しくはこちら
膝の外側が痛くなるのはスポーツ選手に多いです。

主に長距離選手。

膝の外側には、腸脛靭帯という長い靭帯があります。
理論上では、この靭帯が膝関節に引っかかるので
痛みが出るということになっています。

こういう場合もあるかとは思いますが、膝周りには
たくさん筋肉があるわけです。

なので、着地した時に痛いのか?膝を曲げた時に痛いのか?
階段を下りるときに痛いのか?などなどの質問をします。

で、どの筋肉が悪くなっているかを特定して鍼で治療。

これで解決です!


腸脛靭帯炎の対策と鍼灸治療はこちら

腸脛靭帯炎の対策と鍼灸治療についてもっと詳しくはこちら
膝のお皿の下にある靭帯のことを膝蓋靭帯と言います。

膝を曲げ伸ばししたり、立ち上がる時、ジャンプをする時、
走る時などに痛むことがあります。

この症状を膝蓋靭帯炎とか、ジャンパー膝という言い方をします。

治療は、どの姿勢で痛むか?または、どんな時に痛むか?で
痛みの原因となる筋肉を特定します。

で、鍼治療。

腿の前が原因のことが多いですが、膝の裏が原因のことだって
あります。

要するに、どの筋肉が動いたときに痛みが出ているのか?が
判断基準です。

膝痛の方、頑張りましょうね。



膝蓋靭帯炎・ジャンパー膝の対策と鍼灸治療はこちら

膝蓋靭帯炎・ジャンパー膝の対策と鍼灸治療についてもっと詳しくはこちら





股関節が痛い場合は、腰に原因がある場合や臀部の筋肉に原因がある
場合があります。

原因となる部分は、「どのような時に痛むのか?」ということから
判断します。

立ち上がる時、歩く時、スポーツをしている時などなど。
要するに動作分析ですね。

で、原因となる部分が特定出来たら後は鍼治療です。

簡単ですね。


股関節痛の対策と鍼灸治療はこちら

名古屋市 西区 三宅鍼灸院のホームページ




ヘルニアの方、多いですね。

程度の差はありますが、ウチにもたくさん来院されてます。
現在も重度の方を治療中。

手術は避けたいですよね、誰でも。

出来るだけ手術をせずにヘルニアを克服して頂きたい。
ヘルニアだからと言ってもあきらめないで欲しい。

ヘルニアが飛び出していても、対応できる場合もちゃんとあります。
今まで何人も脱出型のヘルニアの治療をさせてもらいました。

大丈夫。

あきらめちゃいけない。

頑張って下さい。

腰椎椎間板ヘルニアの対策と鍼灸治療はこちら

腰椎椎間板ヘルニアの対策と鍼灸治療についてもっと詳しくはこちら
さて、今日は腰痛についてです。

ウチの患者さんで一番多いのが腰痛です。

ぎっくり腰、慢性腰痛、ヘルニア・・・

腰痛は私も頻繁になります。

痛いですよね~。

ヘルニアなんかでも対応できる範囲のものなら鍼で
治療します。

守備範囲以外のケースは病院を紹介しています。

腰痛の方、頑張って下さいね。


慢性腰痛・ギックリ腰の対策と鍼灸治療はこちら

慢性腰痛・ギックリ腰の対策と鍼灸治療についてもっと詳しくはこちら


腱鞘炎というと手首の痛みが多いですね。

で、なぜか女性に多い。

ウチの鍼灸院に来た腱鞘炎の患者さんもほとんどが女性。
何でかな?

ま、理由はどうあれ、腱鞘炎は得意な症状の1つです。

皆さん痛い、痛いと仰って、色んな所で治療を受けて、最後に
鍼にたどり着かれるようです。

やっぱり鍼って怖いんでしょうね。

でもまあ、鍼の痛みなんて腱鞘炎の痛みに比べたら楽勝です。
ズ-ンと響く感覚が痛く感じるかもしれませんが、そんなに痛くは
ありません。

結論。

鍼も腱鞘炎も怖くない。

以上(笑)。


腱鞘炎・バネ指の対策と鍼灸治療はこちら

腱鞘炎・バネ指の対策と鍼灸治療についてもっと詳しくはこちら
肘の内側に続いて、肘の外側の痛みです。

内側よりも外側が痛いという方の方が多いような気がします。

スポーツ選手ならテニス肘、ゴルフ肘なんて事が言われます。
一般の方なら、仕事で痛めた場合や、家事なんかでも痛めます。

フライパンを頻繁に持つ方なら痛めやすいですし、力仕事に
限らず、デスクワークで、パソコンの前に向かいっぱなしの方の
場合は痛めやすいかな。

キーボードの操作の時にズキン!と痛いという方もおられます。

でもでも、原因筋が特定されれば、後は鍼で治療するだけです。

肘の痛み(上顆炎と言います)でお困りの方、頑張りましょうね。



外側上顆炎・テニス肘の対策と鍼灸治療はこちら


外側上顆炎・テニス肘の対策と鍼灸治療についてもっと詳しくはこちら



肘の痛みで多いのはやはりテニス肘か野球肘。

肘の治療とは言え、大事なことは「どんな格好をした時に痛いですか?」
ということ。

肘が痛いからといって肘ばかり治療していては治りません。
手を上げたときに痛ければ、手を上げる筋肉が関与しています。

多いのは鎖骨の下かな。

ここは大事です。

肘周囲、腕、などなど治療する場所はたくさんあります。

肘の痛みでお困りの方、お待ちしております。


内側上顆炎・野球肘の対策と鍼灸治療はこちら

内側上顆炎・野球肘の対策と鍼灸治療についてもっと詳しくはこちら
肩甲骨の内側が痛いという方、多いですね~。

肩こりのひどい人なんか特にそうですね。

ひどくなるとギューッと締まるように痛くなりますね。
私も昔これで悩みました。

首を左右に回しただけで背中に痛みが走ることも
ありました。

首の筋肉も背中に影響しているので、こういった場合は
背中だけではなく、首の治療も必要です。

肩こり、肩甲骨の内側が痛い方、頑張りましょうね。


背部痛の対策と鍼灸治療

名古屋市 西区 三宅鍼灸院のホームページ
一般の方は当然ながらご存じないと思いますが、意外と多いのが
この胸郭出口症候群です。

症候群なので、要するにいろんな症状があるわけです。

ひどい人は結構つらいのがこの症状。

で、なぜかウチの鍼灸院には重度の胸郭出口症候群の方が
多い。

治療は最初は首、肩を中心に行いますが、改善の度合いが
低い時は範囲を広げます。

範囲を広げながら、細かい点も同時に治療。

現在重症の方を数名治療させてもらってます。
職人なので、重症の方に会うと燃えます。

胸郭出口症候群の方、ご相談お受けいたします。


胸郭出口症候群の対策と鍼灸治療はこちら

胸郭出口症候群の対策と鍼灸治療についてもっと詳しくはこちら
四十肩、五十肩というと重症例は結構痛いです。

どの位置に手を置いたらいいのか分からない・・・
という訴えもよくあります。

それくらい痛い。

手が挙がらない。

それが四十肩、五十肩。

しかし、しかしです。

外見の重症度合いに比べてこれくらい確実に回復する
症状もないように思います。

キチンと治療さえすれば必ず良くなります。
それが四十肩、五十肩。

頑張りましょうね。

五十肩の対策と鍼灸治療はこちら

五十肩の対策と鍼灸治療についてもっと詳しくはこちら
さて、鍼灸院の来院患者さんで腰痛についで多いと一般的に
言われているのが肩こりです。

肩こりの治療で大事な部分は、一般的に肩こりの際に手を
当てたり、トントンとたたきたくなる部分ではありません。

この部分にも針をしますが、もっと大事なのは、肩の筋肉が
鎖骨につく部分です。

ここが原因のことが多い。

あとは、首、後頭部(頭痛の原因になる)、背中などなどです。
これらに対して鍼治療を行います。

肩こりの方は、「その時楽になるんですけど、戻っちゃいます~」と
いう方がおおいですが、治療に加えて大事なことは、睡眠時間を
増やしたり、ゆっくりお風呂に入ったり、食事に気をつけたりする
事が大事です。

で、さらにいうと軽く鍛えるといいかなと思います。

でもまずはつらい肩こりに必要なのは治療ですね。


肩こり・頚腕症候群の対策と鍼灸治療はこちら

名古屋市 西区 三宅鍼灸院のホームページ
頚椎ヘルニアというと症状がありますが、結構多いように思います。
30代の男性に多いかな。

30代というのは20代の疲れが一度まとめて出る時期のように思います。
しかし、30代なんて体力も十分にあるので少々疲れていても仕事も
こなせてしまう。

そこで無理をしているとヘルニアになってしまうわけです。

痛いです。

ちなみに私も経験者です。

私の場合は痛みよりも腕への痺れが強くて困りました。
その時すでに鍼灸師だったので何とか自分で治しましたが・・・

今は手術ということはあまり言われないように思います。
でも早く何とかしたいと皆さん思う。

頚椎ヘルニアでお困りの方、ご相談お受けします。


頚椎椎間板ヘルニアの対策と鍼灸治療はこちら

名古屋市 西区 三宅鍼灸院のホームページ
さて、偏頭痛でお悩みの方、多いですね。

患者さんから話を聞くと、神経内科の待合室なんて結構
若い人がおおいそうです。

ストレス社会ですからね。

偏頭痛はつらいですね。多くの方は薬を飲んでいる。
で、ホントは飲みたくないけど、痛いから仕方がない・・・

と思いながら飲んでいる。

それなのに「薬なんか絶対ダメっていっただろう!」と治療院に
いったら怒られました、とウチの鍼灸院に来る患者さんたちは
皆さん口を揃えたようにいいます。

私は薬のことは専門家ではないので分かりません。

だからいつもこう答えています。

「お医者さんが出す薬だから悪い薬ではないはずです。ちゃんと
 あなたに合ったもの、量をだしてくれているはずです。だから
 上手に飲めばいいんじゃないですか?調子がいい時は無理して
 飲まなくてもいいんでしょ?でもどうしても痛いときはお医者さんの
 指示に従って飲めばいいじゃないですか」

といいます。

薬のことは詳しく分かりません。でも飲まずにいられるならば
飲まないほうがいいとは思います。

その「飲まずにいられる」状態にするのが治療家の仕事なのに
頭ごなしに「ダメって言っただろう!」なんていうのはおかしな話です。

怒るより、飲まなくてもいい状態に早くしてあげるのが治療家の
仕事です。

偏頭痛でお悩みの方、ご相談お受けします。



偏頭痛の対策と鍼灸治療はこちら


名古屋市 西区 三宅鍼灸院のホームページ
ウチの鍼灸院の頭痛№1はなんといってもAさんです。

この方の過去を聞くとそりゃもう大変だったようです。
でもAさんは頑張りました。

以前は頭痛のたびに寝込んだり、嘔吐することも
頻繁にあったそうです。

嘔吐というのは自律神経の影響が大きいかと思います。
鍼治療には自律神経の所謂バランス調整の力があります。

今ではAさん、寝込むことも、嘔吐することもなくなりました。
あともうちょとです。

ここまでくれば乗り切れます。

頑張りましょうね。


頭痛の対策と鍼灸治療はこちら


名古屋市 西区 三宅鍼灸院のホームページ
捻挫というとこれまた多いのがアスリートです。

一般の方もおられますが、やっぱりスポーツ障害が多いです。

捻挫というのは関節をねじったりして靭帯を痛めるわけですが、
痛めているのは靭帯だけではなく、その周囲の筋肉、腱、その他の
組織なんかも傷つきます。

なので、鍼灸治療の対象としては、腱、筋肉、靭帯に対して
鍼灸治療を行うことになります。

パンパンに腫れている場合はある程度腫れが引いてから治療を
行うほうがいいです。

腫れが引いてもまだ痛みは残っていると思いますので、そこで
鍼灸治療の出番です。

捻挫をした関節の周囲に対して鍼灸で施術します。

捻挫でお困りの方、頑張りましょう!


捻挫の対策と鍼灸治療はこちら


名古屋市 西区 三宅鍼灸院のホームページ
耳鳴りでお困りの方は結構多い。

外見からは分からないのですが、聞いてみると結構多いはずです。
耳鳴りの鍼灸治療は後頭部、首、肩、側頭部などが治療対象に
なります。

まずは耳鼻科を受診してもらって、その後からの治療がいいです。
原因が脳からだといけないので念のために受診するのがベターです。

脳の影響がないようならば、多くの耳鳴りでお困りの方は肩こり、頭痛、
などがあるはずです。

それに対する治療と同じようにして治療は行っていきます。

キーンというタイプとジリジリというタイプが大まかに分けるとありますが、
キーンというタイプの方が今までの所早かったように思います。

耳鳴り、肩こり、頭痛、偏頭痛とセットで症状をお持ちの方、ご相談
お受けします。

耳鳴りの対策と鍼灸治療はこちら


名古屋市 西区 三宅鍼灸院のホームページ
顔面神経麻痺という症状があります。

顔の筋肉が麻痺してしまい、表情がゆがんでしまうことですね。
原因としてはストレスや寒冷にさらされてだとか、その他色々
言われています。

多いのはベル麻痺というもので、ウチの鍼灸院にもご来院されます。

手術か何かで神経を傷つけてしまったようなケースは不適応ですが、
急になってしまった・・・というようなケースなら鍼灸の適応です。

顔が大きくゆがんでしまうので「大丈夫かなぁ・・・」とかなり不安に
なるかと思いますが、ベル麻痺なら大丈夫です。

最近の治療例では3週間くらいで9割くらい治まったかな?

9割治まればあとは大丈夫です。

程度の差がありますのですべてが対応可能というわけにはいかない
ですが、病院でステロイド治療をした後でも十分対応出来るケースも
あります。

10日ほど入院してステロイド治療をして、あまり芳しくなかったので
その後鍼治療をしたら1ヶ月でほぼ改善したケースもありました。

誰でもとても困る症状です。

お悩みの方、ご相談承ります。あきらめちゃいけない!


顔面神経麻痺の対策と鍼灸治療はこちら

名古屋市 西区 三宅鍼灸院のホームページはこちら
足の裏が痛いという方が時々おられます。

やっぱりアスリートですね。スポーツ障害の中に足底腱膜炎という
ものがあります。

これもランナーに多いかな?ランナー以外でもありますがやっぱり
長距離選手が多いような気がします。

治療は足の裏の筋肉が対象になります。

足の裏といえどもちゃんと筋肉がたくさんあって、治療対象は
その筋肉や腱になります。

で、あとはセルフケア。

とにかくアスリートはセルフケアが大事です。

治療、セルフケア、練習。このバランス調整です。
一言で「休め」というのは簡単ですが、そんなのでは
アスリートは強くなれません。

スポーツ選手の基本は練習しながら治療、治療しながら練習。
すべて同時進行です。

ここが大事です。

がんばれアスリート達!


足底痛の対策と鍼灸治療はこちら


名古屋市 西区 三宅鍼灸院のホームページ
アキレス腱の鍼灸治療はふくらはぎがメインになります。
ふくらはぎに対して針をして、あまり変化がないときは
アキレス腱にも針をします。

しかし、アキレス腱には超音波という器具を使って治療
することのほうが多いかなあ。

アキレス腱が痛いのはやはりアスリート。

頑張れアスリート!!!

応援してます。


アキレス腱炎の対策と鍼灸治療はこちら


名古屋市 西区 三宅鍼灸院のホームページ
肉離れの患者さんは時々来院されます。

今までの所アスリートです。まあ当然といえば当然ですが。

肉離れの鍼灸治療は基本的に患部の周囲に対して鍼治療を
行います。

患部は言わば切り傷みたいなものなので鍼はしません。
その代わりその周囲の筋肉がガチガチに緊張して突っ張って
いるはずなので治療します。

患部に対しては器具を用いて治療します。

こうやってまずは全体の緊張を下げ、痛みを和らげる方向に
治療を進めます。

あとはセルフケアが大事になります。

アスリートの方、肉離れのときはご相談下さい。


肉離れの対策と鍼灸治療はこちら


名古屋市 西区 三宅鍼灸院のホームページ
アスリートに多いのがシンスプリントです。

治療はふくらはぎが中心になります。

シンスプリントというのは後脛骨筋という筋肉が原因と言われて
いますが、ヒラメ筋という筋肉が原因のことも多いです。

まずはヒラメ筋から治療をして、それでも痛みがひかない時は
さらに奥にある後脛骨筋にも治療をします。

脛の内側が痛いアスリートの方、鍼灸で治療可能です。


シンスプリントの対策と鍼灸治療はこちら

名古屋市 西区 三宅鍼灸院のホームページ
ウチの患者さんで比較的多いのが坐骨神経痛です。

30代の方にも結構多くて、先日の患者さんは歩くのも
困難でした。

なかなか改善しない患者さんもおられますが、今の所
成績はいいです。

治療は大体臀部が中心になります。そして足。
腰に治療を加えることもあります。

1回ではなかなか治まりませんので通院して頂く必要が
あります。

現在も数名治療中です。皆さん頑張りましょうね。


坐骨神経痛の対策と鍼灸治療についてはこちら


坐骨神経痛の鍼灸治療について詳しく知りたい方はこちらへどうぞ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。