上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今月は女性が多かったです。

今の所比較的女性が多いですが、今月は特に多かった。

毎月色んな人に合います。
色んなことがあります。

だから毎日が面白い。

バタバタした3月でしたが、来月もガンガン進みます!!!


名古屋市 西区 三宅鍼灸院のホームページ
スポンサーサイト
3月もあっという間に終了ですね。

事務仕事が溜まってます。

朝からずーっとパソコンに向かってます。

ようやく追いつけそうです。

さて、もう一息!!!



名古屋市 西区 三宅鍼灸院のホームページ
鍼灸のイメージと言うと・・・

痛い、怖い、長い鍼、太い鍼、などなど
どちらかと言うとマイナスなものばかり。

でも実際はそんなことはありません。

鍼は短い、細い。

怖いかどうかはなんとも言えない。患者さん次第(?)。

痛いかどうかは先生次第。

全く無痛・無感覚の先生もおられるでしょう。
また、強めの刺激を好まれる先生もいるでしょう。

私の場合は、ズーンと響く感じがします。
これを痛いと感じる人がいます。特に若い男性。

女性は結構みんな平気な顔をしてます。
やっぱり女性は強い(笑)。

ズーンだけはどうしてもゆずれない。
色々ある鍼の手法の中で、私が
行っている方法ですから。

なので、完全無痛・無感覚をご希望の場合は、ご期待に
添えないかと思います。

よろしくお願いします。





名古屋市 西区 三宅鍼灸院のホームページ
来月から時間変更になるので、ウチのホームページも書き換え
ないといけない。

結構大変です。

ウチのホームページはページ数が多く、すべてのページに
時間がかいてあるので、全部修正です。

ちょっと一手間かかります。

ま、今までも何度も色んな変更をして慣れてるので良いですが。

週末は変更作業です。



名古屋市 西区 三宅鍼灸院のホームページ
今日は朝から大阪に行っておりました。

で、臨床研修に参加して、今年度も継続する手続きをして
夜10時に帰ってきました。

今回も学びの多い一日でした。

いろんなことをしていると、「先生どれが大事なの?」と
聞かれますが、一番大事なのは鍼灸院です。

ホントです。

でなきゃ4時間かけてほぼ和歌山の近くにある大阪の
大学に4時間近くかけていきません。

ちなみに今年は大阪へ18回行く予定です。

治療の仕事が一番楽しいです。

もっと楽しくするために18回大阪へ行きます。

では。

名古屋市 西区 三宅鍼灸院のホームページ
今日の昼は地域の体操教室です。

鍼の先生から体操のオジサン(?)に変わります。

ボランティアでこういうことをさせてもらっていますが、
結構楽しいものです。

治療家という職業は、色んな意味で人に影響を与えることが
出来ます。

治療院という枠組みを広げて、その先で何が出来るか?
そんなことも大事だと思っています。

今日も楽しみです。



名古屋市 西区 三宅鍼灸院のホームページ
治療というのはどうしても治療側と患者さんとの相性があります。

要するに合う、合わないですね。

性格的なこともあれば、治療内容も含めてです。

色んな患者さんがいるわけですが、治療する側は多くの人を
受け入れることが出来るだけの広さと深さが必要です。

心は広く、懐は深く。

と言った所でしょうか。

言うのは簡単ですが、これがやはり一朝一夕にはいきません。
今より若いときはちょっとしたことで一喜一憂したもです。

今でもしますが・・・

治療だけをしていたらなかなか心は広く・・・とは行きません。
私の場合はですが。

だから色んなことをしているんです。

出来る限り多くの患者さんを受け入れる。相手を包み込めるだけの
広さと、相手に安心感を与えるだけの深さ。

まだまだ努力が必要です。








名古屋市 西区 三宅鍼灸院のホームページ
この仕事を始めてもう10年ほどになります。

ホントに好きな仕事に出会えて良かったと思ってます。

でも、ここまで来るには色んなことがありました。
今も色々ありますが・・・

何度も何度も辞めようと思ったこともありました。
でも、辞められなかった。

ホントにこの仕事が好きなんだと思います。

今は、この仕事を通して治療以外のことも出来るように
なりました。

これは私の師匠、友人、知人、その他お世話になった
方々のおかげです。

以前は、鍼灸師は治療だけ出来ればいいと思っていましたが、
今はそうは思いません。

こんなに可能性の広がる仕事は他にないような気もします。

毎日いろんなことがあります。

でも楽しいです。

色々やってますが、治療をしている時が一番楽しいです。



名古屋市 西区 三宅鍼灸院のホームページ
ちょっと患者さんには分かりにくい話かもしれませんが、
鍼灸の治療方法には色んなやり方があります。

で、この仕事は職人の仕事のような面があるので、
職人同士でお互いの技術を比べる傾向があります。

これはこれで仕方がないし、良い事でもないけど
悪いことでもない。

私個人にとってはどちらでもいいことです。

かつては私も自分の治療法に固執し、他の治療法を
批判していた時期がありましたが、もうそんな時期は
過ぎました。

今大事に思うのは、どんなスゴイ治療方法で治療をするのか
ということより、自分が好きな治療法をどれだけスゴイレベルに
仕上げることが出来るか?です。

大切なことは、どんないい治療をするかより、どれだけ
本気の治療をするか?だと思います。

気持ちを込めた治療。

気持ちが伝わる治療。

もっと高いレベルに早く到達したいものです。


名古屋市 西区 三宅鍼灸院のホームページ
治療の仕事というのは難しい面もあれば、簡単な面もあります。

難しいというのはいわゆる治りが悪い場合。

こんな時がどの先生もそうだと思いますが、一番悩む所です。
そこで大事なことは、同じやり方を繰り返さないことです。

いろんな場面でいつも言いますが、同じことをしていて違う
結果を求めるのは無理なんです。

なので選択、決断が迫られます。

そこが頭をひねらないといけない所です。

違う治療、別の医療機関を紹介、断るなどなど。
ここで治療家のセンスが問われます。

毎回おなじことばかりしていては何の為の治療か
分かりません。

誰のための、何の為の治療か?

優先しないといけないことは何か?

そんなことが大事です。

すべてが上手くいくわけではありません。
では上手くいかない時は何をすべきか?

センスが問われます。


名古屋市 西区 三宅鍼灸院のホームページ
私には師匠が2人います。

で、そのうちの1人の師匠に教えてもらった言葉で好きな言葉が
あります。

「大切な人を大切にしなさい」

です。

大切な人とは別に恋人だとか両親ということだけではありません。

私にとって大切な人とは、私のことを信用してくれる人のことです。
これは友人、知人、患者さん、その他すべての人でこのように
思ってくれる人が私にとって大切な人です。

なので、古い患者さんほど私にとっては大切な人です。
別に来院回数が多いとか少ないとかいうことではありません。

私のことを信用してくれているから、何かあった時には治療に
来てくださっているんだと思っています。

だからそういう患者さんは新しい患者さんより大切です。

もちろん、新しい患者さんだって、私のことを信用してくれるなら
大切な人です。

まずは私が相手を信用する。そしてその思いが伝わったら
相手も信用してくれるんだと思ってます。

偉そうにするつもりなんてありませんが、媚びるつもりも全く
ありません。

だから態度のあまり良くない患者さん、こちらのことを全く
信用してくれない患者さんは治療を断ることもあります。

私に怒られたことがある人だっています。

でも他の大切な患者さんに迷惑はかけられない。
なので、時には厳しくなります。

こちらだって正直言っていい気分ではない。でも大切な人に
不愉快な思いをさせたらもっといい気分ではありません。

八方美人になるつもりはゼロです。

この指止まれ!と言って止まってくれる人を大切にしたいと
思っています。




名古屋市 西区 三宅鍼灸院のホームページ
親しい患者さんはよく知ってくれていますが、治療以外に色んな
ことをやってます。

これは結構いろんな人から「何で?」とよく聞かれます。

雑誌の記事、インタビュー取材、セミナー取材、セミナー講師、
セミナーコーディネート、勉強会、臨床研修、セミナー参加、
地域の体操教室、などなどホントに色々やってると思います。

なぜこういうことをしているかというと、鍼灸師としてもっと
成長したいからです。

いわゆる治療技術ということもまだまだ磨かないといけません。
だからこれに関しては、自分でも勉強するし、毎月大阪へ恩師の
臨床研修に参加しているし、セミナーにも参加してます。

だから技術に関してはもう後は深く、深く掘り下げるだけなんです。

でもこれだけではいけないんですね。

だから人間性を磨くために横へ広く、広く活動を広げているんです。

色んなことをすると、色んな人に出会います。そして色んな人との
関連性が出てきます。

そこで磨かれるんだと思ってます。

同業の人、異業種の人、年下の人、目上の方、男性、女性、学生、
子ども。

人を通してしか人は磨かれません。

だから色んなことをしています。

磨かれた結果は必ず治療に反映するものだと思ってます。

大変なことも正直言うとあります。嫌な思い、恥ずかしい思いも
します。

でもすべては治療のためです。

高い技術力と、優れた人間性。

両方が備わってこそ、本物の鍼灸師だと思ってます。
また、両方が備わってこそ一人前だと思ってます。

私が目指す所は、さらにその上です。

最強の鍼灸師です。

これについてはまたそのうち書きます。

では。

ちょっと内容が真面目すぎたかな?

でも本気です。



名古屋市 西区 三宅鍼灸院のホームページ
病院にいくべきか、治療院に行くべきか?

患者さんにしてみれば、どっちがいいのか分からないことと
思います。

基本的にはかかりつけのお医者さんがいるのならば病院が
先だと思います。

もしそういうお医者さんがいなくても、基本的には病院が先だと
思ってます。

で、病院に行って、その後治療院に行ってみるのがいいと思います。

治療院の先生には「病院で○○だと言われました」と伝えれば
話も早いです。

病院には病院の役割があり、治療院には治療院の役割があります。

ただ、治療院の先生のほうが身近に感じませんか?
だから、分からないことは相談してみてもいいと思います。

相談するだけなら治療院の先生に先に聞いてもいいと思います。
きっといい答えをくれるはずです。

病院の役割、治療院の役割。

どっちも大事です。

名古屋市 西区 三宅鍼灸院のホームページ
初めて鍼灸治療を受けたのは高校生の時でした。

で、色々なことがあり、縁あって今私は鍼灸師。

今までいろんなことがありましたが、この仕事をしてきて
良かったなあといつも思います。

しばらくそんなことを書いて行こうと思ってます。


名古屋市 西区 三宅鍼灸院のホームページ
さて、3月も後半戦がスタートです。

前半は突っ走ってきましたが、後半もガンガン進みます。
やることいっぱい、やりたいこといっぱいですが、今月中に
すべきことをこなしておけば、ほぼインフラ完成。

来月からは多少は余裕が出来そうです。

とはいえ、来月からも新しいことをやるので、またまた
時間管理です。

バタバタには変わりがなさそうです。

それでもドンドンやりますよ!

今日も治療です。


名古屋市 西区 三宅鍼灸院のホームページ
暖かいですね~。

午前中はのんびりして、またまたDVDを見てました。
最近昔の海外のドラマにはまってまして、この前まで
「フレンズ」を見てました。

「フレンズ」のファンの人は多いと思いますが、これは
ホントに良く出来たコメディドラマだと思います。

何度見ても笑える。

しばらくしたらまた見ようかと思ってます。

「フレンズ」の次に今見てるのは「アリーマイラブ」です。
これもNHKで放送されていましたが、人気がありましたね。

これも笑えます。

日本のドラマはここ何年も見てません。最後にちゃんと全部
見たドラマは・・・

忘れました。

日本のいわゆる人気ドラマはほとんど見たことがありません。

ドラマは海外のもののほうが面白い。

そういえば「24」も大好きです。

脚本家のストのせいで製作が遅れているそうですが、また
新シーズンが楽しみです。

映画も大好きですが、海外のドラマも結構楽しめます。
いい趣味をもてました。


名古屋市 西区 三宅鍼灸院のホームページ
昨日の夜、鍼灸院のHPをいじってました。

グーグルマップを使って地図を貼り付けておきました。
やっぱりこの方が見やすいですね。

大きさの都合上、一部分だけですが、迷わずご来院
していただければ幸いです。

また何か気づいたらいじります。



名古屋市 西区 三宅鍼灸院のホームページ
あっという間に週末です。

早いなあ。

今週は治療に加えて体操教室が2回、そして、治療以外に頼まれた
仕事を少々こなし、加えていろいろな発送物があったので郵便局へ。

バタバタしました。

今月は社協さんの体操教室があと1回、そして、新しい企画の
プレゼンの準備をしてしまわないといけない。

そして、月末はまた大阪へ研修へ・・・

おっとその前に書類を書いてもらうために病院もいかないと。

今月もあっという間に終わりそうです。


名古屋市 西区 三宅鍼灸院のホームページ
アキレス腱の痛みも多いのはスポーツ選手です。

これもどちらかというと治りがあまり良くなかったです。
何度治療してもまったく変化がない方も過去にはいました。

そこで、治療方法を色々と変えた所うまくいくように
なりました。

難しいと思っていた症状でしたが、視点を変えれば
別の治療法が見えます。

まあ、一生勉強です。


アキレス腱の鍼灸治療


名古屋市 西区 三宅鍼灸院のホームページ
シンスプリント。

痛いですねえ。ランナーの方なら経験したことがある方も
多いと思います。

私も高校生のときになりました。

治療はふくらはぎの筋肉を治療しますが、ひどい場合には
ちょっと奥の筋肉も一緒に治療します。

最近は、奥のほうの治療は治りが悪い場合に行ってます。
なので、まずは表面の筋肉で硬いところから順に治療します。

なかなか痛みがひかない場合は、少し奥の筋肉も一緒に
治療します。

これでOK。

こんな感じでしょうか。



シンスプリントの鍼灸治療はこちら


名古屋市 西区 三宅鍼灸院のホームページ
鍼灸師ですが、肩書きをいっぱい持ってます。

で、昨日はそのうちの1つ体操教室のお兄さんをやってました。
年齢的にそろそろお兄さんは使えないかな(?)

ま、それはさておき・・・

昨日は社会福祉協議会の活動でダンベル体操教室を開催してきました。

皆さん真剣に取り組んで頂きまして、やって良かったなあと思いました。
目指すは「介護保険に頼らない体作り」です。

この活動はこの先広げていく予定です。

まずは西区から。

ご要望があれば別の区にも出向きますよ。
名古屋以外も応相談。

地域の健康リーダーを目指す私としては、興味のある方が
増えてくれれば限りなく嬉しいです。

楽しい教室でした。



名古屋市 西区 三宅鍼灸院のホームページ
膝の内側が痛いというケースも多いですね。

外側が痛いというよりも多いように思います。

内側の痛みの中でも鵞足炎と言われるものがあり、膝の
内側に3つの腱が骨についている部分があります。

この部分が痛いことを鵞足炎と言います。

治療としてはこれも他と同様で、どんな動きをした時に
痛みが出るか?で筋肉を判断します。

そして鍼治療。

内側の痛みに加えて水がたまっている場合なんかもありますが、
その時は同時に治療です。

変形している場合も同じね。

こんな感じでしょうか。



鵞足炎の鍼灸治療はこちら


名古屋市 西区 三宅鍼灸院のホームページ
今日名古屋国際女子マラソンでしたね。

昨日、「明日出るんです」という方がご来院されました。
治療は試合前日ということもあり、軽めの治療にしました。

この方の治療部位はちょっと痛い所でした。

「痛いですけどいいですか?」と聞くと、「いいです」とのお返事を
頂けたので治療しました。

「半分くらいまで走れたらいいと思っています」。と仰っていましたが、
どうだったのかな?と思います。

頑張っているランナーに接すると、こちらも元気が出ます。

私も負けずに走りたいと思います。


名古屋市 西区 三宅鍼灸院のホームページ
坐骨神経痛は、ウチ鍼灸院で患者さんが多い症状です。

基本的には臀部を中心に治療をします。で、必要に応じて
腰も治療しますが、メインは臀部です。

臀部を治療して、改善しきらない場合は足も同時に治療します。

今の所改善率のいい症状です。

早い人なら数回で治まります。全員ではないのでご了承下さいね。

坐骨神経痛の方、お待ちしております。

坐骨神経痛の鍼灸治療


名古屋市 西区 三宅鍼灸院のホームページ
あきらめちゃいけない!!!

と、いつも声を大にして言いたくなるのがこの
「変形性膝関節症」という症状です。

レントゲンをとって、「変形している」「軟骨が減っている」
「関節が・・・」などなど色々と言われるようです。

確かに、改善の見込みが少ないものもあるでしょう。

しかし、しかしです。

あきらめちゃいけない!!!

高齢になるとある程度誰でも変形は起きます。
とはいえ、変形している人すべてが膝の痛みで
困っているわけじゃない。

ならば原因は変形以外いもあるはずなんです。

だから、くどいですが、あきらめちゃいけない。

あきらめる前に、手術を受ける前に、もういいやと思う前に
一度見せて欲しいと思います。


変形性膝関節症の鍼灸治療はこちら


名古屋市 西区 三宅鍼灸院のホームページ
膝の裏が痛いという症状。

立ち上がる時や、正座をする時に痛むことが多いようです。

この場合も膝周りの筋肉、腱、靭帯を治療します。

膝周囲の腱を治療すると結構足が軽くなるので、
今の所好評です。

膝の裏が痛い方、お待ちしております。


膝窩部痛(膝の裏の痛み)の鍼灸治療はこちら


名古屋市 西区 三宅鍼灸院のホームページ
膝の外側が痛いという患者さん。

腸脛靭帯炎とよく言われます。これもランナーとか、スポーツを
している方に多いですね。

少し前までは改善率がイマイチの場合がありました。
でも、視点を変えて治療法を変えたら改善率がアップ
しました。

私自身も痛めたことがあるのでよく分かります。

基本的に治療は膝周囲になります。

どの動きをした時に痛みが出るか?

これで改善率がアップしました。

膝の外側の痛みの方、お待ちしております。


腸脛靭帯炎の鍼灸治療

名古屋市 西区 三宅鍼灸院のホームページ
膝蓋靭帯というのは、膝のお皿の下に付いている靭帯の
ことです。

で、長距離選手や、ジャンプ系の競技をしている人なんかに
多い痛みです。

ランナーで言うと、足を振り出したときに痛いケースなんかが
相当します。

治療は膝周りを治療していきます。

大事なことは痛みがある場所ではなく、どの動きの時に
痛みが出るか?

それで筋肉を特定し、治療します。

膝痛の方、お待ちしております。



膝蓋靭帯炎(ジャンパー膝)の鍼灸治療はこちら


名古屋市 西区 三宅鍼灸院のホームページ
股関節が痛いというケース。

これは男性、女性ともにあるような気がします。

治療部位としては、臀部、股関節周囲、腰が痛い
場合もあるのでその時は腰も一緒に治療します。

股関節周囲は筋肉が分厚いですが、鍼なら届きます。

股関節の痛みがある方、お待ちしております。


股関節の鍼灸治療はこちら


名古屋市 西区 三宅鍼灸院のホームページ
日曜なので休みです。

晴れてよかったなあと思ってます。

今日は休診日ですが、友人たちと集まって
色々と動きます。

5月にちょっとしたイベントを名古屋でやります。

そのための準備です。

チームで動くのは楽しいものです。



名古屋市 西区 三宅鍼灸院のホームページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。